SSRIと無気力の関係について

SSRIと無気力の関係


SSRIは抗うつ薬として処方されるケースが圧倒的に多いですが、処方された全員が皆「うつ」を克服しているかといえばそうではありません。例えば、処方された薬の量が少ない場合や多い場合に関しては適量でないために無気力状態になることもあります。また、別の薬にコロコロと変わる人に関しては、効き目が出るまでに時間がかかるケースもあります。したがって、一概にSSRIで気力が出るようになるという先入観は持たないほうが無難です。

薬への過度な期待は禁物


医師から処方された薬が自分の体に合うと思い込んで、早く良くならないかと期待する人は多くいます。しかし、焦りすぎた結果すぐに「良くならないから薬を変えて欲しい」と医師に訴えて薬をコロコロ変える人も多くいます。これは、無気力の状態から抜け出すために陥る悪循環になりえます。このように薬を変えてばかりいると体の調子を荒らしてしまうことになります。もっと状態が悪化するケースに至ってはドクターストップがかかることもあります。そのため、SSRIはすごく良い薬だと過度な期待を持つことは危険を伴うことにもなります。

勝手に減薬することによる無気力


薬を飲んでいるとしばらくして「治った」と思い込む人がいます。そこで、もし勝手に薬をやめてしまうと元の状態に戻り、今度はもっと治りづらい体になってしまうことにもなります。その勝手な減薬を行う人はたいてい、無気力の状態を続けてしまうことが多いです。さすがに薬を毎日欠かさず服用することは毎日決まった運動を一生繰り返すようなもので、抜け目が生じることはある意味では自然な状態です。しかし、一度減薬を試みて無気力状態の辛さを体験した人は今後、工夫を行って薬を定期的に飲むようにすることが大切です。なお、具体的な方法としては、錠剤のまま薬を処方されるものを、パックに1回分ずつ詰めてもらうことで飲み忘れを防止する効果が高まります。また、朝と寝る前に飲む場合であれば、全てのパックを手でちぎって、朝用と寝る前用に薬を分類しておく方法もあります。

PS.無気力はSSRIの中でもレクサプロにとくに多い副作用です。以下のサイトも参照ください。

レクサプロの副作用