SSRIのメリットとデメリットについて

SSRIのメリットとデメリット


SSRIのメリットはうつなどの症状を軽減させることができること、またデメリットは副作用が存在することです。一般的にどの薬にも副作用は存在しますが、SSRIの場合は薬の服用の状態によってダメージの大きさが変化します。

SSRIのメリット


SSRIのメリットはその薬の効能として期待できる、うつ症状の緩和や不安感の軽減などです。また、その効能に関しては個人差があるため、少量のSSRIでうつ症状が改善できることもあります。また、SSRIは薬の総称であることから、SSRIに属する様々な薬を症状の度合いに合わせて選ぶこともできます。なお、SSRIは比較的多くの使用例があるため、統計的なデータから良好と判断できる薬の量や期間を定められることもメリットの一つです。

SSRIのデメリット


SSRIのデメリットは、服用を継続しなければならないこと、そして薬による副作用です。前者は一般的な風邪薬とは異なり一週間程度服用すれば治るような単発的な薬ではないことを意味しています。もし、薬の服用を医師の許可なしに勝手に中断した場合には離脱症状を起こす可能性があります。この離脱症状に関しては個人差にもよりますが、元の状態より悪化する危険性もあります。すごろくゲームで例えるとふりだしに戻るようなものです。さらに、一度服用を続けていた経験がある場合、再度薬の服用を始めても初めて服用するときより効能が薄れる場合もあります。また、副作用に関しては便秘、日中の眠気、血圧の上昇、まぶたの痙攣などが起こる場合があります。

SSRIの服用を検討するポイント


初めてSSRIを服用する場合は、自分の症状について調べることが重要です。例えば、仕事で疲れていたために一時的に疲れてうつ状態になっている場合は、仕事の疲れが原因であることが多く、うつ状態であるとはすぐには判断できません。そのため、休みを取り本来のうつ状態の特徴を調べてからSSRIの服用を検討することが重要です。また、SSRIを中断した後に継続して服用する場合は、手元にある薬を破棄し、新たに処方された薬を服用するように心がけることが大切です。