SSRIで太る理由について

SSRIで太る理由


SSRIの薬を服用している患者には太り気味な方が多くそれには2つ理由があります。1点目は薬の副作用の二次的影響です。薬の処方箋には書かれていませんが、食欲が増加することによる過度な体重増加、睡眠リズムが不安定になり食事の回数が増えることによる体重増加などが原因です。また、2点目は働かないことによる運動量の低下です。薬を服用し続けても体を動かしていれば体重自体は減ります。ところが、薬を服用している患者という立場では、精神障がい者とみなされるため、働かないか、あるいは服用していることをクローズにして働かざるを得ません。後者の方は周囲の理解を得られないため挫折する人が多いです。したがって、自然とSSRIを服用している人は太る傾向にあるという見方が強くなります。

SSRIから他の薬への変更


薬の変更は服薬する上で病状の大きな岐路になります。臨床試験の上では体重増加の報告が数少ないため、処方箋には体重増加について触れていないと考えられます。したがって、もしSSRIを服用していて安定している場合には、薬のせいではないという認識を持つことが大切だと思います。しかし、SSRIによって体重が増えたという口コミサイトの情報も多くあります。そのため、体重が気になる場合は、服薬と食事の量をなるべく保った状態で早めに医師に相談することが先決です。また、SSRIそのものが体に合っていない上に体重が増加しているようであれば、SSRIからの薬の変更も視野にいれて量とともに早めに医師に相談しましょう。

SSRIで太る理由の醍醐味


SSRIで体が太る理由としての醍醐味はやはり運動をしていない、働いていないことが原因と考えられます。そして、それは薬の副作用によってもたらされるものが多いため、いわゆる二次的副作用が原因ともいえます。しかし、水泳を趣味にしていたり、デイケアなどに毎日通われたりしている方は通常の体格の方が多いです。逆に薬のせいだからと体を動かさないで食べて寝てを繰り返す生活をしているのであれば、それは明らかにSSRIの副作用とは無関係と思われます。

PS.太るのはSSRIの中でもジェイゾロフトにとくに多い副作用です。以下のサイトも参照ください。

ジェイゾロフトの副作用