SSRIについて

最初にSSRIとSNRIの違いついて


SSRIとSNRIの違いはSSRIが「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」であるのに対しSNRIは「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」であることです。つまり、SSRIはセロトニンのみを阻害する働きがあるのに対し、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの両方を阻害する働きがあります。

SSRIとSNRIとの比較


SSRIとSNRIとでは後者のSNRIの方が開発時期の新しい薬として知られています。いわゆるSSRIに続く次世代抗うつ薬ともいえます。また、名称からも察しがつくようにSSRIはセロトニンが効能の主役であるのに対し、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの両方が主役になります。ただし、一概にどちらの薬の方が良いかといった判定は出来ません。なぜなら、もしSSRIで充分に回復できるようであれば、その薬が体に合っているからです。またもし、SSRIでまだ倦怠感が続くようであれば、SNRIを処方してもらうことで効果が期待できるかもしれません。薬には「合う」「合わない」といった相性の個人差がありますので、単純にどちらが良いかというものさしでは比較できません。

セロトニンとノルアドレナリンの関係


セロトニンとノルアドレナリンは神経伝達物質の一種です。ただし、両者は同じ神経に対して作用する働きのある物質ですが、作用や副作用はそれぞれ異なります。セロトニンは主に生体リズムや睡眠リズム、体温の調節などを整える働きがあります。一方、ノルアドレナリンは主にストレスに関係し、神経伝達物質だけでなくホルモンとして作用する働きもあります。ノルアドレナリンは覚醒と睡眠、ストレス、注意、記憶などに働きかけています。SNRIではこのセロトニンとノルアドレナリンの両者をシナプスの受容体に対し増幅させることでうつ状態から回復させることができます。

SSRIとSNRIの具体例


SSRIとSNRIは正確には薬の総称です。例えば、SSRIとしてはフルボキサミン、パロキセチン、セルトラリンが日本で承認された具体的な薬の名前になります。また、SNRIとしてはミルナシプラン、デュロキセチンが日本で承認された薬の名前です。

PS.SSRIを服用することで現れる可能性がある副作用の一覧については以下のサイトを参照ください。

SSRIの副作用